その症状ジアミンアレルギーかもしれません

カラーをした後かゆみがでることはありませんか?

かゆみの具合は軽いものから重度のものまで様々ですが、

かゆみを感じるようであれば『ジアミン』に反応している可能性があります。

ジアミンってなんですか?

では『ジアミン』とはなんでしょう?

『ジアミン』とは髪を染色する上で、広くヘアカラー剤に使用されているもので

「酸化染料」と呼ばれる化学成分です。

アルカリカラーとよばれるものには、ほぼ入っています。

その「酸化染料」が原因となって起こるアレルギー性接触皮膚炎のことを

美容業界では『ジアミンアレルギー』と習慣的に呼んでいます。

ジアミンアレルギーってどんな症状ですか?


 

■皮膚のかゆみ・痛み→かゆみの程度は軽い~重い 染め始めた直後から長くて72時間続く

■皮膚の炎症→炎症の程度は軽い~重いものまで 染め始めた直後から長くて72時間続く

■瘡蓋(かさぶた)ができる→炎症後、掻いてできる

■顔やまぶたが腫れる→重度のアレルギー反応

■浸出液が染み出し、じゅくじゅくになる→重度のアレルギー反応

症状はカラーした後、夜くらいから頭がちょっと痒いかなと感じる程度から頭皮がはれて、フケがでる程度まで様々です

思い当たることはありませんか?

 

ジアミンは蓄積し、髪や頭皮のダメージの原因に・・・

アルカリ剤(ジアミン)のカラーを繰り返すことで、頭皮や髪にジアミンが残留し、100回~150回で突然アレルギー体質(ジアミンアレルギー)になる確率がかなり高くなるといわれています。

 

【髪の状態】パサつき・抜け毛・白髪・薄毛・細毛

【頭皮の状態】老化を早める・かゆみ・ただれ・アナフィラキシー・アレルギー・乾燥・フケ

 

ジアミンアレルギーをおこさないためには?

 

 ジアミンアレルギーを起こさないためには

①ジアミンが含まれていない・ジアミン量がすくないカラーを選ぶ

②ジアミンを可能なかぎり無害化する

が大切です。

①ジアミンが含まれていない・ジアミン量がすくないカラーを選ぶ

ヘアーサロンかたぎりでは各種カラー剤をご用意しております。

ジアミンが入っていないもの・少ないものを選んでよりリスクを減らしましょう

お店でもカラーを変えて皮膚の状態がよくなった方もいらっしゃいます

 

ヘアーサロンかたぎりノンジアミン・低ジアミンカラー

↓↓

ノンジアミンカラー ・ ザクロカラー

低ジアミンカラー ・ 漢方カラー

 

②ジアミンを可能なかぎり無害化する

以前はジアミンは除去できないものとされていましたが、現在ジアミンの無害化が50%まで可能

となりました。

ジアミンアレルギーをふせぐためにも積極的にジアミンの無害化をおすすめします。

ジアミン無害化REZOは近日アップします。

最後までブログを読んでいただきありがとうございました。